格安スマホと格安SIMの違い。そのスマホ、格安になる?

s-s-CIMG1045

携帯の料金を大幅に値下げすることができる格安SIMについてですが、格安SIMと格安スマホって何が違うのでしょうか。

簡単に言うと、格安スマホと格安SIMの違いというのは、スマホとセットになっているものを契約するのかカードのみを契約するのかという違いです。

格安SIMカードを使うには、スマホとセットで契約する必要がある人と格安SIMのみでOKの人がいます。現在スマホを使っている人であれば誰でもそのスマホで格安SIMを使えるというわけではありません。

格安SIMカードを使うためには、格安SIMカードを使える携帯端末を用意しておく必要があります。自分がいま使っているスマホが格安SIMカードに対応しているのかどうかをまずは知りましょう。

⇒ 基礎知識!格安SIMとは?

格安SIMが使えるスマホは2パターン

格安SIMが使えるスマホというのは、2つある。一つは、SIMフリースマホ、もう一つは、白ロムのスマホ。

SIMフリーのスマホ

このSIMフリーのスマホが格安スマホと呼ばれるもの。このSIMフリーのスマホは、格安SIMとセットで購入することができる。もちろん、単体で格安スマホのみで購入することも可能。

基本的にまっさらな状態のスマホであり、格安SIMカードを契約することによりスマホとしての通話やインターネットの機能を使うことができる。

自分のプランに合わせて自由に選ぶことができるスマホのことである。

→ 現在人気の格安スマホはこんな感じです

SIMロック解除されたスマホ(白ロム)

s-CIMG1007

3大キャリアと言われる、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホをSIMロック解除することによって、そのまま格安SIMカードを使うこともできる。しかし、すべてのスマホがSIMロック解除できるわけではない。

ドコモのスマホなら、白ロムのスマホとして格安SIMを利用することが可能。

残念ながら、au、ソフトバンクのスマホはSIMロック解除ができないことがある。2015年の5月以降に発売されたスマホに関しては、SIMロックの解除が義務付けられているので格安SIMを利用することができる。しかし、それ以前のスマホに関してはロックの解除が義務付けられていなかったので、解除できない場合が多い。

自分のスマホや携帯などの端末が格安SIMを利用できるかどうかは、各キャリアに問い合わせてみることとをおすすめします。

→ ドコモから格安SIMに乗り換え

→ auの人が格安SIMに乗り換える方法

→ ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法

問いあわせ先
NTTdocomo(ドコモ)
の機種を利用中
電話番号:
ドコモから(局番なし)151
一般電話:0120-800-000

SIMロック対応機種一覧
KDDI(au)
の機種を利用中
電話番号:
auから(局番なし)157
一般電話:0077-7-111

SIMロック解除対応機種
softbank(ソフトバンク)
の機種を利用中
電話番号:
ソフトバンクから(局番なし)157
一般電話:0800-919-0157

SIMロック解除対応機種

格安スマホと格安SIMの違いまとめ

冒頭でも書いたとおりに格安スマホと格安SIMでは、格安スマホはまっさらな状態のスマホのことを指し、格安SIMは電話を機能させるためのカードのことを言う。

いま使っているスマホに格安SIMを利用したいところだが、そのスマホがロック解除可能か否かで新しく格安スマホを購入する必要があるか無いかがわかる。

新しい機種の格安スマホを購入しても長い目で見た時に格安SIMを導入した方が良さそうである。

⇒ おすすめの格安SIM(MVNO)をまとめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする