格安SIMにまつわるわからない謎の言葉(用語)まとめ

yougo

この記事では格安SIMの導入を考えてるけど、単語の意味がわからなかったりして諦めないために、格安SIMにまつわる単語の意味などを解説していきます。

格安SIM専門単語一覧

(格安)SIMカード

s-CIMG1024

まず、SIMカードは携帯電話の中に入っている携帯電話を機能させるためのカードの事。中でも、au,docomo,softbankといった大手携帯会社からではないところから出ているSIMカードのことを格安SIMという。格安SIMと格安SIMカードは同義。

キャリア

携帯通信サービスを行っている会社のこと。日本では、au,docomo,softbankの3社がキャリアと呼ばれる。

MVNO

通信インフラをレンタルしてサービスしている事業者のこと。キャリア以外がの事業者と考えてほぼ大丈夫だと思います。

SIMロックとSIMロック解除

2015年5月以前に発売された携帯電話にはロックがかけられている可能性が高い。自分の会社の端末では自分の会社のSIMを使ってもらうというのが当たり前だったからです。これを解除できるように義務化されました。ですので、いま出ている携帯電話というのはSIMロックが解除できるので、格安SIMを導入させることができます。

SIMフリー(スマホ)

ロックが解除されているスマホや携帯電話のことをSIMフリーという。キャリア以外からもSIMフリーのスマホがたくさん発売されている。キャリアの携帯をSIMフリーにするためにはロック解除をする必要がある。

白ロム

電話番号やメールアドレスなどの契約情報が内部に書かれていない状態の端末のこと。

APN

ネットの接続先のこと。これを設定しないとネット接続ができない。3大キャリアを使っている時はすでに初期設定してある。格安スマホを利用する際にはこの設定が必要。操作的には非常に単純で簡単。1分でできる。

MNP

キャリアから格安スマホに乗り換える際に電話番号をそのままにしておくことができる。このサービスの事。更新付きでないと費用がかかってしまう。更新月を調べてその月に行うのがおすすめ。ですが、長い目で見ればはやく切り替えた得という可能性も高い。

SMS

携帯電話の番号で認識してメッセージのやりとりができる。サービスを申し込む際などにも利用されることがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする