1000円以下の格安SIMってどれくらい使えるの?データ専用SIMの目安

s-CIMG1192

格安SIMなら月額1000円以下でスマホを運用することができます。えらい安いです。格安SIMの特徴はかなり多くあるプランの中から自分に必要なデータ容量だけを使うプランの選択ができるということです。

ほとんどのMVNO(SIMの会社)で1000円以下のプランが用意されています。ところで1000円以下の格安SIMってどのくらい使えるものなのか気になりますよね。

1000円以下で使える格安SIMのプランとそのキャパを書いていこうと思います。

月額1000円以下の格安SIMを見るときのポイント

まずは、1000円以下では各MVNOがどんなプランを組んでいるのかを見ていこうと思います。気にするポイントとしては、通信速度とデータ容量のこの2つで良いと思います。

通信速度に関しては、225Mbpsも250Mbpsも体感としてわかるものではありません。

おおよそ、早い、普通、遅い、この3つで判断していきます。表現として高速通信、中速通信、低速通信です。

高速は、動画やアプリもさくさく使える。中速は、WEBサイトの閲覧や動画がやや見れる。低速は、メールやLINEができる。このように考えて比較の基準にしてください。

データ容量は目安を表にします。

 1GBでできること1日平均にすると
WEB閲覧約4000回約130回
メール約20万通約660回
ネット電話約1860分
(約31時間)
約62分
5分動画
(YOUTUBE)
約95回
(約8時間)
約3回

ライトユーザーの方なら1GBでも意外といけちゃったりするぐらい使えます。

月額1000円以下の格安SIM(MVNO)のプラン

一覧で見ていきましょう。参考にしたいのは、上記の2つのポイント、通信速度とデータ容量です。高速通信のプランは容量を超えると低速通信が無制限になります。

格安SIM(MVNO)1000円以下プラン
(料金・速度・容量)
楽天モバイル


【ベーシックSIM】
・525円
・低速通信
・低速無制限

【3.1GBプラン】
・900円
・高速通信

DMMmobile


【ライトプラン】
・440円
・低速通信
・低速無制限

【1GB】
・590円
・高速通信

【2GB】
・770円
・高速通信

【3GB】
・850円
・高速通信
mineo


auプラン・ドコモプラン
【500MB】
・700円
・高速通信

【1GB】
・800円
・高速通信

【3GB】
・900円
・高速通信
BIGLOBE


【3GB】
・900円
・高速通信

高速通信が必要ないという人は、DMMモバイルのライトプラン440円がいいですね。

1GBの高速通信でもDMMモバイルが良さそうです。

3GBでもDMMモバイルが他よりも50円安いですねW

1000円以下の格安SIMにも使い方などが違ってきます。この記事をよく確認して、自分に必要なプランに申し込んでみてください。

1000円以下なら2台持ちとかで運用されても良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする